物の処分について

美しい暮らしの空間アドバイザー
中島 由里(なかしま ゆり)です。


先日、安東先生のルームメイクに
同行させてもらった時のこと。

そのご依頼者さんは、
使わなくなった、バックやタオルを
必要としている人達に送るという
寄付に出していました。

私も、子どもが中学生になる前の春休みに
ランドセルを同じように寄付したことを
思い出しました。



うちの娘が使っていたランドセルは、
乱暴に扱っていませんでしたし、
カバーをしていたこともあり
まだまだ使えるものでした。
捨てるには勿体無いな!と思いました。

そして、ランドセルを購入するとき
色々悩んで買った思い出もありました。
悩んだのは母親だけで、
娘は覚えていませんが(笑)

、、、でも
もう二度と使わないし、、、

と悩んだ結果、
寄付することにしました。

寄付はダンボールに詰めて
送るだけです。
当然送料は、寄付する側が負担します。

私は、ランドセルだけではなく、
不要になった子ども服やぬいぐるみも
一緒に詰めて送りました。

物を処分することは、罪悪感を伴います。
使わないけれど
捨てるとなると抵抗がある方は
多くいらっしゃると思います。

しかし、寄付して
もらって喜んでくれる人に
あげたいと思うのは、
当然のことです。

寄付することで、罪悪感が
軽減されます。

片付けをするためには、
物と向き合うことになります。
それをしないと何も進みません。

よく知り合いにあげる
という方いらっしゃいますが、
本当に欲しがっている方に
あげるのは問題ありませんが、
無理強いしているかもしれませんよ(-_-;)

寄付することも一つの選択肢に
追加してはいかがでしょうか?


しかし、あまりに物が増えてしまうと
大変なことになります❗
これは、捨てるもの
これは、いるもの
これは、リサイクルショップに出すもの
これは、寄付に出すもの
、、、と仕分けするだけでも
大変です❗
粗大ごみも含め、
大量に出たゴミは、一気に捨てないと
片付いた気がしません。
ゴミの分別をして、ゴミの日に少しずつ
捨てていては、なかなか家からゴミが
なくなりません(T_T)

お金がかかったとしても、
不用品回収業者にお願いして
一気に処分してもらった方が、
その後の時間と労力を考えると
安いかもしれません!


一人で作業するより
複数で片付けをしたほうが、
一気に片付きますよ\(^o^)/
いつでもご相談ください。

しかし、
そこまで物を溜め込まないことが
大切です❗

平成のうちに片付けて
新元号を迎えましょう!


本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

「人気ブログランキング」
に参加しています!!
応援クリックお願いします♡

〜☆お知らせ☆〜

安東英子先生
【お片付け完全マスター】

大関文子アドバイザー
【子育て応援セミナー】

【安東英子先生プロデュース】

丸洗いできる
多機能5WAYバック&お財布
絶賛発売中です♪

まずは気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です