こんなにいる〜ぅ? 〜マスク編〜

美しい暮らしの空間アドバイザー
中島 由里(なかしま ゆり)です。


昨日の日テレで放送された
「THE突破ファイル」という番組
見ましたか?

安東先生が少し紹介されました。
番組の出演はありませんでしたが、
再現VTRで安東先生が、難題を突破した
片付けの事を紹介されていました。
見逃した方は、
見逃し配信サービスを活用しては
いかがでしょうか(^^)


関東地方は、雨が降らない日が続いており、
インフルエンザが猛威を振るっています。
リンゴ病の増加もニュースになっています。

不特定多数の方が集まる場所は
とても危険ですよね(-_-;)
しかし、仕事をしている方は、
外出しない訳にはいきません。

また、お子さんがいらっしゃる方は、
インフルエンザに感染しないかと心配です。


満員電車、病院、保育園や幼稚園、
会社、学校などなど
誰が感染しているかわかりません。
心配しすぎると、
どこにも外出できなくなります(-_-;)

予防接種していても、
重症化は防げますが、感染することもあるので、
油断できません(^_^;)


高齢の方も
外出しない訳にもいかず、
病院にも行かなくてはならない。
しかし、インフルエンザに感染
するのが怖いと思っている方、
多いでしょう。(T_T)

私の実家も、
マスクがこんなに増えていました。

実家にあったマスクです。

怖いのはわかるけど、、、
こんなにいる〜う?!!
、、、、とつい言ってしまいました(-_-;)

保管場所が決まっておらず、
色々なところに置いていて、
無いと思って、あらたに買ってしまい、
一箇所に集めたから、
「こんなにあった!」
、、、、という訳ではないのです❗

写真のマスクは、
決まった場所の一箇所に
まとめられていました。

今度、いつ買い物に行けるかわからないし
心配だから、買っておこう。
TVで見て良さそうだから、
在庫はあるけど、これも買っておこう。
お友達が使っていて、良さそうだから
同じものを買ってきた。。。などなど
消耗品だし、いつかは使うだろうと思って、
買い続けた結果、
ここまで増えてしまったようです。

現在の、日本が抱える問題を
全て表しているように思いました。

高齢化
買い物難民

安東流は無理やり捨てることはさせません。
私も、心配になる気持ちはとてもわかりますし、
無理に処分しても、
すぐまた買ってきてしまうと思いました。


私は、このマスクを
1枚も捨てずに、収納しました。
もともと、ベッドの下にカゴを置いて
その中に入れていただけでしたので、
ホコリがかぶるので、引出しに収納しました。

ここまでの話で、
あ〜全部捨てなくても良いのね!
と思わないでください。

収納場所と物の容量が適正量なら
問題ありませんが、
容量オーバーの場合、そうはいきません❗

一つ一つ物と向き合い、
一つ一つの物を、適正な量にしていかないと、
物は減らすことが出来ませんし
容量オーバーは解決出来ません❗

しかし、人それぞれ譲れない物はあります。
実家の場合、マスクは譲れない物でした。

容量オーバーであれば、
これは譲れないけど、
他は頑張って見直す!
と言って意識が必要です^_^


物と真剣に向き合い、
自分にとって何が必要かを見極めて
片付けていくことが大切だと思います。


本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

「人気ブログランキング」
に参加しています!!
応援クリックお願いします♡

〜☆お知らせ☆〜

安東英子先生
【お片付け完全マスター】

大関文子アドバイザー
【子育て応援セミナー】

【安東英子先生プロデュース】

丸洗いできる
多機能5WAYバック&お財布
絶賛発売中です♪

まずは気軽にご相談ください。

実家の片付け 〜1日でも早く〜

美しい暮らしの空間アドバイザー
中島 由里(なかしま ゆり)です。



実家の片付けで
苦労されている方、多いと思います。


実は、私も苦労しました。

「地震があったら、大変だから片付けしよう!」
と提案したときは、大賛成してくれました。


しかし、いざ片付けが始まると
中々、上手く行きませんでした。

「天国には、持って行けないよ」
「もう少し、数を減らせない?」
等など、いろいろな言葉をかけて進めていきました。


正論で言われると
頭ではわかっているけど、
物を捨てる罪悪感に、勝てない様でした。


また、生きてきた時代が違うということを
目の当たりにしました。


戦後の物の無い時代は、
お金があっても手に入りませんでした。
しかし、現代は何でも手に入ります。

そのため
一度手にしたものは、
安価なものでも、消耗品でも
なかなか、手放すことができませんでした。


特に消耗品は、安価で手に入りやすいので
すぐに買ってきてしまいます。
使ってみて、満足いかないと
また、同じようなものを買ってきてしまいます。


気に入って使っている消耗品も
ストックが少なくなると不安になるようで、
なんでもストックが多めになってしまいます。

下の写真は、一つの例ですが、
「こんなにいる〜ぅぅ!」
、、、、と言いたくなってしまいます。

時間はかかりましたが、
実家の片付けは、最後までやることができました。


実家の片付けが最後まで出来たのは、
これを読んだからだと思います。
実家への行き帰り、何度も読みました。


実家を片付けるヒントが
たくさん紹介されています。

安東先生もブログで
「実家の片付け」に関してたくさんの記事を書いています。
最近の記事はこちら↓
親の家の片付け①
親の家の片付け②
親の家の片付け③

また、実家の片付けに関する番組が再放送されます。

12月22日(土) 20:00〜20:54
BS-TBS 『愛と涙の実家片付け物語』

安東先生がアドバイスして
実家の片付けを行った、涙と感動の実話です。


実家の片付けで
悩んでいる方、
そろそろ真剣に取り組まないといけないと思っている方、
本や番組を参考に

一日でも早く、取り組みましょう!



本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。









「人気ブログランキング」に参加しています!!
応援クリックお願いします♡

〜☆お知らせ☆〜

【安東英子先生プロデュース】

丸洗いできる
多機能5WAYバック&お財布
絶賛発売中です♪

まずは気軽にご相談ください。

こんなにいる〜ぅ? 〜使い捨てストロー〜

美しい暮らしの空間アドバイザー
中島 由里(なかしま ゆり)です。

少し前ですが、各企業の
使い捨てストロー廃止のニュース。
Starbacks Coffeeは、2020年までに
世界中の全店舗で使い捨てストローを廃止。
IKEA Japanでも、2020年までに
使い捨てプラスティック製品を取りやめ、
ストローを紙製での代替えを検討。
McDonaldも、2025年までに
全店舗でのプラスティック製品の廃止。

ことの発端は、ウミガメの鼻に
プラスティック製ストロー
が刺さっている映像から、
世界的に注目されるようになりました。
日本では約80%以上の
プラスティックがリサイクルされていますが、
世界ではプラスティック製品
による海洋汚染が問題となっています。

個人的には、
使い捨てストロー廃止には賛成です。
動物好きの私としては、
あのウミガメの映像は衝撃的でした。

しかし、子どもやお年寄りなど、
ストローを使う事が多いです。
使い捨てではないストローを、
使うたびに洗うのはめんどくさい!
と思っていらっしゃる方も多いと思います。
紙ストローがもっと安価に
なることを祈るばかりです。

この写真は、実家の片付けを
していたときに出てきた物です。
「こんなにいる〜うぅ??」
とつい言ってしまいました。

これだけで、引き出しがいっぱいになりますし、
一つ一つ包装されている
ストローではなかったので、衛生的ではないです。
安いから!いっぱい入っていてお得!
、、、、、本当にそうでしょうか?

安いからと購入しても、
ホコリが入り使えなくなり
処分してしまったら、お得ではなくなります。
自分が使い切れる使用量を考えてから
購入する方が良いと思います。
安価な物はすぐに購入しがちですが、
購入前に今一度考えてる癖を
つけてはいかがでしょうか?

キッチンの限られた収納スペースには、
もっと必要な物を収納していきませんか?

ご自身だけで、どうすれば良いかわからない
思ったら、
是非、お相談ください。

本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

「人気ブログランキング」に参加しています!!
応援クリックお願いします♡

まずは気軽にご相談ください。