写真の整理

美しい暮らしの空間アドバイザー
中島 由里(なかしま ゆり)です。


関東地方も梅雨入りしましたね。

いつもの日常が戻りつつありますが、
コロナ対策もしなくてはならないし、
熱中症対策もしなくてはならず
どうすれば良いのか
悩みどころです。


人がいないところでは、
マスクを外す様にするなど
対策は模索中です。
(^_^;)

          ☆

柴田佐妃子アドバイザーが
写真の整理〜大判写真はどう管理する?〜
というブログの記事で触発された
こともありますが、

老後の楽しみに取っておいた
子どもの写真の整理をしました。
(*^^*)


「老後に楽しみに」というのは、
私の言い訳です。
今しなくても困らないし、
いつか時間ができたらやろうと
思っていました。


それが、

「今でしょう!」

(古いですね💦)

と思い立ち、子どもの写真の整理を始めました。



もともと、
よく売られているポケットアルバムに
保管していましたが、
入りきれていない写真もあり、
ポケットアルバムもサイズもデザインも
まちまちで統一性がありませんでした。


そこで、
30穴A4ファイルに保管することにしました。

👆のフォトポケットを使用して
写真をいれました。

白のファイル3冊が子どもの写真。
手前の茶色は、私と主人の写真です。
私と主人の写真は、
人からいただいた写真などです。

子どもの写真は
時系列でファイリングしました。

👆最初の写真は、妊娠がわかった時に
いただいたエコー写真からスタートしました。


懐かしい写真を見ながら、
楽しく作業しました。
途中、ポケットファイルが足りなくなり
何日かにわたって整理しました。


やらなければと思っていたことが
出来たので、とても気分が晴れました。
(^o^)


自粛生活も上手く時間を活用でき
嬉しかったです。


また、いつ自粛生活になるかもしれません。
快適な生活を送るためにも
安東先生のYou Tube動画を参考に
片付けをどんどん進めていきましょう♪




本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

安東流お片付けを多くの人に
知っていただきたく
「人気ブログランキング」に参加しています。

お帰りの際、ポチッと
「応援クリック」宜しくお願いします(^o^)

「人気ブログランキング」
に参加しています!!
応援クリックお願いします♡

〜お電話相談〜

新型コロナウィルスの感染拡散防止、
予防の観点からご訪問でのアドバイスや
片付け作業を控えさせて頂いております。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

〜You Tube〜

安東英子先生の
美しい暮らしの空間チャンネル

〜片付け動画〜

安東英子先生が
出演・制作・構成・編集・監督した動画
絶賛発売中です!

動画購入はこちら👇


動画購入はこちら👇

〜安東英子先生プロデュース〜

丸洗いできる
多機能5WAYバック&お財布
絶賛発売中です♪

まずは気軽にご相談ください。


思い出シンドローム

美しい暮らしの空間アドバイザー
中島 由里(なかしま ゆり)です。

 

 

先日、テレビを見ていたら
元バレーボールオリンピック選手、
ヨーコ・ゼッターランドさんが
持つ2軒の「空き家問題」を
取り上げていました。

 

テレビでは「空き家問題」を
クローズアップした内容で
解決するためには、
「空き家」をリノベーションして
民泊にして活用しては
どうかという内容でした。

 

しかし、私が気になったのは、
番組の中で
ほんの少し、紹介されていた
思い出シンドローム
についてです。

 

思い出シンドローム」とは、
思い出の品が出てくる度に
感情が高まり
作業する手が止まってしまう
症状だそうです。

 

ヨーコ・ゼッターランドさんも
実家の片付けを行っている時、
亡くなられてお母様の
思い出が蘇り
感情が高まり
作業する手が止まってしまい、
なかなか、片付けが進まない
状態でした。

 

この「思い出シンドローム」を
テレビで知る前に、
実は私も同じ経験をしました。

 

先日、納戸の掃除をした時
アルバムを
使わなくなったPPケースに
入れ直して整理しよう思いました。

主人のアルバム
子どものアルバム
私のアルバム
私の母が持っていたアルバム
と分類していました。
(私の母は、30年前に他界しています)

 

 

分類する際に、
どうしても中身を確認します。

 

 

母が持っていたアルバムを
見た瞬間から
この「思い出シンドローム」に
陥り
勝手に涙が出てきて
それ以上作業を進めることが
できなくなりました。
母が亡くなって
30年経った今でもです。
自分でも驚きました。

 

分類の途中でしたが、
ただ単にPPケースに押し込んで
終わらせてしまいました。

 

今思えば、この状況が
「思い出シンドローム」
だったのかなと思いました。

 

片付けをする際に、
ご依頼者さんの中には、
このような状況になってしまう
方もいらっしゃると思います。

 

片付けなくてはいけない!
片付けたい!
と思う反面
いろいろな感情や気持ちがそれに
追従していない状態なのでしょう。

 

そんな気持ちを理解しつつ
その方に寄り添って
片付けのアドバイスを
していきたいと思いました。

 

 

本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

「人気ブログランキング」に参加しています!!
応援クリックお願いします♡

〜☆お知らせ☆〜

【安東英子先生プロデュース】

丸洗いできる
多機能5WAYバック&お財布
絶賛発売中です♪

まずは気軽にご相談ください。